虫歯治療、歯石除去、歯が欠けたなどの治療

歯科医院を訪れる大多数の患者さんが歯の治療は痛いから嫌だとおっしゃいます。
虫歯は初期の内に治療をすればほとんど痛みがありませんが、たいていの場合痛みが出てから虫歯に気がつくことが多いようです。
こうなるとどうしても皆様の大嫌いな麻酔の注射をしないととても痛くて治療ができません。
当院でも痛みが出てしまっている虫歯を治療するには局所麻酔という注射の麻酔をしますが、できるだけ針の痛みを感じないように針を刺す前にゼリー タイプの麻酔薬を歯肉に塗って痛みに鈍感にしてから電動の麻酔器で静かに注射をします。
この方法だと小さいお子さんでも麻酔に気がつかないほど痛みが少なく済みます。